資格制度

路面標示施工技能士

路面標示施工技能士

路面標示施工技能士制度は厚生労働省が所轄・主催する国家資格です。溶融ペイントハンドマーカー工事作業と加熱ペイントマシンマーカー工事作業があり、いずれも単一等級です。
検定は各都道府県職業能力開発協会で実施されます。当協会では実技試験の実施協力を通して、公正な検定を行い、技術の継承を行っております。

 

道路標識点検診断士

道路標識点検診断士

道路標識点検診断士とは、道路標識の設置、点検及び診断に関する専門的知識及び技術を有する資格であり、道路標識の老朽化対策や効率的な管理・更新に寄与するために、一般社団法人全国道路標識・標示業協会(以下「全標協」という。)が、従来の道路標識設置・診断士制度を発展的に解消したうえで、平成30年4月に創設した資格です。
この資格は、平成31年1月31日、国土交通省から小規模附属物分野の点検、診断業務において技術者資格として登録されました。

資格名称 施設分野 対象業務 登録年月日・登録番号
道路標識点検診断士 小規模附属物 点検 平成31年1月31日
品確技資第287号
道路標識点検診断士 小規模附属物 診断 平成31年1月31日
品確技資第288号

※小規模附属物は、門型標識以外の道路標識等が対象です。

国土交通省では、技術者資格登録を受けた資格保有者について、公共工事に関する必要な知識・技術を有する者として評価し、国や地方公共団体の業務に活用を図るほか、総合評価落札方式の業務において加点評価するなどの措置を講ずることとしています。


登録標識・路面標示基幹技能者講習

登録標識・路面標示基幹技能者講習

一般社団法人全国道路標識・標示業協会(全標協)では、登録基幹技能者講習の実施機関第30号として、平成24年10月29日に国土交通大臣の登録を受けました。以後、道路標識と路面標示のコースで年2回、建設業法施行規則第18条の3の4の規定に基づいて講習を実施しています。
この講習を修了した者は登録基幹技能者として一般財団法人建設業振興基金のデータベースに登録され、道路標識・路面標示の施工・工事の円滑化に寄与するだけでなく、優れたマネージメント能力を発揮しています。
登録基幹技能者は、熟練の技を持つ者で、現場の責任施工を担える「スーパー職長」と呼ばれ、当協会が推薦する技能者です。